FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gian League 1st Season Division2 第16節

esmd016.jpg

Gian League 1st Div2 第16節 2011/04/23(Sat)24:00 HARUMI (0-1) Eureka seveN

Goal
90:[ES]komeri(Asi:SIDICLEI)

MoM
[ES]Makeinu3(RB)

総評
リーグ昇格の為には残り試合での負けは許されないと言う状況の中で、Eureka seveNはHARUMIに苦戦を強いられる。
ロングボールを中心としたゲーム展開で攻勢に出るHARUMIに対して、Eureka seveNはlukmovとFUJI ROCK JAPANが最終ラインと連携して決定機を殆ど作らせない。
攻撃面では幾度となく作る決定機をaston421に全て止められる。
相手の決定機こそ作らせないが、先制出来ないまま90分が過ぎてしまう。
ロスタイムに、時が止まった。
ペナルティエリア手前でボールを受け取ったkomeriが1歩、2歩、とステップを踏み、ミドルシュートを放つ。中央のzawa zawa fishを警戒したaston421を裏切るかのように放たれたボールはそのままゴール左に突き刺さる。
そして、ホイッスルが3度鳴り響く。ヒーローは呼ばれるまでもなく、我々の所まで来て話し始めた。

komeri「(劇的ゴールについて)相手GKは何度撃ってもゴールを許さなかったから、強烈なシュートを当てて弾いた所で勝負しようと思って撃ったんだ。結果的にはそれが良かったのかな。相手も90分引いた戦いをして消耗してたと思う。プレスが甘くなっていたから、迷わず撃ったよ。相手キーパーには何度も止められたけど、最後にゴールを奪い取れて良かった。ゴールも良かったけど、今日は守備陣が良く頑張ってくれたからこその勝利だと思う。今日みたいなゲームを残された試合の中でもやっていければ昇格出来ると信じている。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

esmdoggie

Author:esmdoggie
Twitter:@esmdoggie

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。